HOME > JL連合会のご案内 > ローカルネットとは

ローカルネットは全国のトラック運送業者が創造した
「日本最大の物流ネットワークシステム」


日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会(JL連合会)は、全国の中小トラック運送事業者が
生き残りをかけ、新しい物流システムの創造を目指して自らの知恵と情熱で構築した、
日本で最大の情報と求荷求車の物流ネットワークシステムです。


現代社会は膨大な情報や多種多様な物流ニーズを要求しています。
日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会(JL連合会)は、全国の各都市を拠点とした、
各協同組合や組合員ひとりひとりがひとつにまとまり、強力な情報・物流ネットを形成しています。
お客様の多様なニーズに対応できる人の輪と高い輸送技術に支えられています。



都市から都市へ
広がるローカルネットワーク


日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会(JL連合会)の組織は、全国各都市を網羅しています。
メンバーは全国の地域ごとに設立された、協同組合とそこに所属する組合員によって構成されています。
地域密着型の地域輸送、都市から都市への幹線輸送まで多様に対応できます。


また、荷主企業様が営業所のない地域への配送の際には倉庫や配送センターの利用も
JL連合会経由で地元の協同組合を通じてご利用いただけます。
新規開拓ルートには強い味方になります。
単独ではなしえなかった物流サービスのご提供をお約束いたします。



JL物流ネットワークシステム
で輸送効率アップ


各都市の事業者が端末機を配置し、情報を交換しあえる「荷物・車輌情報検索システム」で
瞬時に車輌や荷物の状況を把握することができます。


また、1週間前から空車状況もわかり、荷主様の荷物に応じたベストな輸送方法を選択でき、
輸送効率のアップが実現できます。
携帯電話で荷物情報が受信できる「スグニー」システムでリアルタイムの情報を受信することで、
ロスのない運行(帰り荷確保・積み合せの効率化)を実現し、輸送効率のアップになります。


積替えなしの着地先車輌で
迅速輸送


日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会(JL連合会)は全国を網羅しています。
日本全国へ広がるネットを活かし、「荷物の着地先から来たローカルネット会員の車輌」を利用します。


中継なしの輸送なので、発送方面別の特別梱包や荷札作業の手間が省け便利です。
また、お届け先の道路事情も熟知したドライバーだから、道に迷うことなく、
迅速に効率のよいルートを判断し、お届けすることができるので安心です。



ネットワークを活かした
バックアップ体制の確立


荷主様の荷物を確実にお届けするためのバックアップ体制も確立。

安全運転を心がけ、業務遂行には万全を期していますが、万が一の事故や災害の緊急時には、
日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会(JL連合会)のメンバーによる
相互協力で応援部隊を派遣。代替車輌の確保など、不意のトラブルにも迅速な輸送復旧に努めます。



あらゆる荷物にお応えできる
物流総合ネット


日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会(JL連合会)のメンバーは
規模の大小に関わらず、機動力ある各種のスペシャリストです。


一般・食品・冷食・重量・積み合せ・引っ越し・倉庫、その他あらゆる物流に対応できる
車輌や輸送技術をもっています。



協同組合による
安心の決済システム


決済は協同組合で行ういますので、責任の所在が明確で、安心して取引をすることができます。

情報交換は組合員同士が端末を通じて直接行いますが、決済は協同組合で行います。
本部集中生産で、請求・支払いの相殺が行われます。
また、端末を通じて情報の検索や契約を行いますので、
省力・迅速・低コストで効率のよい輸送計画を立てることもできます。





Copyright(c) 2017 Japan Local Network System.Allrights reserve